Standard Line
スタンダードライン
抜群の吹きやすさ、豊かな響き、選べる4つのボディ willie's スタンダードライン
良いマウスピースの第一条件は『ラクにプレイできること』である、と willie'sは考えます。たとえどんなにすばらしい音色のマウスピースであっても、強大なパワーや繊細なコントロールを必要とするものは使い手を選んでしまいます。また一瞬の油断も許さない神経質な性格では、エキスパートの方であってものびのびとした音楽表現を困難にしてしまいます。
willie'sの記念すべきデビュー作となったスタンダードラインはすべて『吹きやすさ』を第一に設計、製作されています。実際に演奏された多くのプロ・アマ奏者から以下のようなコメントをいただいています。
・息の通りが良いのに、心地よい抵抗感がある
・レスポンスが良くアタックが楽。力まずに吹ける
・ピッチコントロールがしやすい。オクターブの跳躍が正確
・ハイノートが出しやすい ピッチがぶら下がらない
・マウスピースを意識しなくてすみ音楽に集中できるようになった
また従来選択肢の少なかったバストロンボーン用にも多彩なモデルをご用意しました。どうぞ先入観を持たずにお試しください。あなたはきっと驚きに包まれることでしょう。

選べる個性的な4つのボディ

基本的にすべてのモデルに対し、個性的な4つのボディが選択できます。(一部サイズは特注にて製作となります)
ボディデザインはマウスピースにおいてとても重要な要素であり、吹奏感や音色に大きく影響します。willie'sの豊富なバリエーションより、プレイヤー個々の好みやスタイル、楽器に合わせたベストセッティングを見つけてください。


  • CONCERTO(コンチェルト/左)
    一般的なマウスピースデザインを踏襲したスタンダードウェイトボディ。高域まで豊かに伸びる倍音を持ち、明るく活き活きとしたサウンドは幅広いプレイスタイルをカバー。特に吹奏楽やトロンボーンアンサンブルなど、管楽器主体の編成に好評。
  • MONSTER(モンスター/右)
    超攻撃的デザインのミディアムヘビーウェイトモデル。 CONCERTOの最高次倍音のみをカットすることで、レスポンスの良さを失わずに、さらにパワフルなサウンドに。オーケストラやソロワークに好評。ffでのかつてない圧倒的な響きと、思わず眼を引くビジュアルエフェクトも魅力。
  • EMPERADOR(エンペラドール/左)
    シグネチャーラインの名器emperador譲りのボディ。高次倍音の伸びは4モデル中最高。CONCERTOよりやや軽いボディで明るく鳴り渡るが、決して軽くはない音色。
    また高音域の当てやすさが際立っており、オーケストラ、吹奏楽、ビッグバンド、ジャズコンボと活躍の場を選ぶことはない。
  • BE-BOP(ビ・バップ/右)
    ぎゅっと絞り込まれたボディを持つライトウェイトモデル。 CONCERTOよりさらにクイックなレスポンスで、プレイヤーの想いがそのまま音になって飛んでゆく。それゆえモダンジャズにおけるソロワークで好評。弱奏時はふくよかで味わい深いシズルトーンが楽しめる。

モデル
カップ直径 (mm)
ドリル直径 (mm)
太管
細管
備考
1G
φ28.50
φ8.0
1GW
1Gのワイドリム版(片肉+1mm)
1-1/4G
φ28.00
φ7.0
 
1-3/8G
φ27.60
1-1/2G
φ27.15
1-3/4G
φ26.88
2G
φ26.75
3G
φ26.25
4G
φ25.60
4C
Comming Soon
5G
φ25.50
5GS
φ6.6
6-1/2AL
φ25.40
Uカップ やや抵抗があり明るい音色
6-1/2ALV
Vカップ 息抜けがよくダークな音色
7AL
φ24.90
7C
φ24.74
φ6.0
7C NY
Comming Soon
11C
φ24.70
φ5.8
11C MV
Comming Soon
12C NY
φ24.50
12C MVとリムのみ異なる やや丸めなリム
12C MV
12C NYとリムのみ異なる やや平らなリム
12C
φ24.18

税込価格
金メッキ仕上げ
銀メッキ仕上げ
CONCERTO
¥27,300
¥21,000
BE-BOP
MONSTER
¥30,450
¥24,150
EMPERADOR


Copyright © 2010-2012 willie's Custom Brass. All rights reserved.